本日のオススメ人気投稿

2009年9月にAVデビュー。2011年12月のリリース作品で引退。それから6年、今年2017年8月にAV復帰。 エロいオーラをプンプンさせながら芸術的なほど綺麗なカラダのライン…。素晴らしい。。。ちなみに、このヌードグラビアは引退前のものではありますが、復帰した現在もこのエロボディは健在ですっ!
続きを読む...

【自撮りエロ画像】乳ばかりじゃ食傷気味だろうから…女神たちの自撮り尻!

自分のお尻を自撮りした、お尻の女神様たちのエロ画像。隠すべき部分は中心のみであってお尻自体は隠す必要がありませんから、上手く隠して丸出しにするお方も多数。お尻が綺麗な女性はきっと人生で得しているはずw それだけ魅力的に見えるお尻なんですが、コレ単体を弄っただけではそこまで強くは感じてくれません。しかし一度絶頂に追いやるなどすれば、感度が上がってたかが尻揉みだけでも過剰反応を示してくれる事があるかもw
続きを読む...

「多数の異性との性行為を楽しむ」、「相手を入れ替えながら、性欲や精力、時間の許す限り延々と性行為を続ける」ことが『乱交』と定義されるようなので、厳密に言えば3Pや4Pは乱交とは言わないみたいですが、「グループセックス」としては同じカテゴリーに入るそうです。要するに、3人以上の性行為を「グループセックス」と言い、その中で3人での性行為を「3P」、4人での性行為を「4P」、5人以上での性行為を「乱交」と分類するのだそうです。
続きを読む...

We Can Work it Out

本国における11枚目のオリジナルシングル。カップリング曲は『Day Tripper』。ビートルズ初の、両A面シングルにもなるこの楽曲は、1965年12月3日に発売。6枚目のアルバム『ラバー・ソウル』と同時発売です。


全オリジナルアルバムには未収録の為、編集盤『Past Masters vol.1&2』に収録されています。

We can work it out■使用楽器
・Gibson J-160E (John)
・Hofner Bass (Paul)
・Ludwig (Ringo)
・Tambourine (George)
・Harmonium (John)

~Recording Data~

この曲は、1965年10月20日、アビイ・ロード第2スタジオにて録音されました。アルバム『ラバー・ソウル』のレコーディング・セッション中でした。
ジョン(ギター)、ポール(ベース)、ジョージ(タンバリン)、リンゴ(ドラム)の編成でリズムトラックを録音し、このリズムトラックは2テイクで終了しており、続けて第2テイクにジョンとポールがヴォーカルを録音。
その後、ジョンがハーモニーをオーバーダビングしています。
最終的に、1965年10月29日。アビイ・ロード第2スタジオで、追加のボーカルをオーバーダビングして、この曲は完成しました。

Lyrics & Chordsは、こちらからダウンロードできます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
We Can Work it Out (恋を抱きしめよう)