本日のオススメ人気投稿

「多数の異性との性行為を楽しむ」、「相手を入れ替えながら、性欲や精力、時間の許す限り延々と性行為を続ける」ことが『乱交』と定義されるようなので、厳密に言えば3Pや4Pは乱交とは言わないみたいですが、「グループセックス」としては同じカテゴリーに入るそうです。要するに、3人以上の性行為を「グループセックス」と言い、その中で3人での性行為を「3P」、4人での性行為を「4P」、5人以上での性行為を「乱交」と分類するのだそうです。
続きを読む...

2009年9月にAVデビュー。2011年12月のリリース作品で引退。それから6年、今年2017年8月にAV復帰。 エロいオーラをプンプンさせながら芸術的なほど綺麗なカラダのライン…。素晴らしい。。。ちなみに、このヌードグラビアは引退前のものではありますが、復帰した現在もこのエロボディは健在ですっ!
続きを読む...

Ticket to Ride

本国での5枚目にあたるオリジナルアルバムであり、2作目の主演映画 サウンドトラックアルバムでもある『HELP!』の7曲目に収録されている、重厚なナンバー。作者のジョンがリード・ヴォーカルをとっていて、 ポールがハーモニーを担当している。
映画の中では、ビートルズのメンバーが、スキーを楽しむシーンでのBGMとして使用されています。

Ticket To Ride■使用楽器
・Gibson J-160E(John)
・Höfner Bass (Paul)
・Gretch Tennessian(George)
・Rickenbacker 360-12 (George)
・Epiphone Casino (Paul)
・Ludwig (Ringo)
・Tambourine
・Hand Clap

~Recording Data~

本国での9枚目のオリジナルシングルとしてもリリースされており、イギリス、アメリカ共にランキングチャート1位を獲得しています。カップリング曲は、はジョンの『Yes it is』。このシングル曲は、本国では1965年4月9日に発売されています。

この曲は、1965年2月15日、アビイ・ロード第2スタジオにて録音されました。1965年初めての……そして、このアルバムセッションの1番目に取り上げられた曲でもあります。ビートルズはこのセッションから、4トラックレコーダーを駆使した手法を取り入れだしています。先ずは、1-2トラックにリハーサルを録音しておき、それをプレイバックしながら3-4トラックにリズム・トラックを録音する。そして、1-2トラックのリハーサルをオーバーダビング用に使うという方法でした。

この曲は、1トラックにドラムとベース、2トラックにリズムギターとリードギター、3トラックにジョンのヴォーカル、4トラックにタンバリン、ギター、そしてポールのコーラスという割り振りになっています。ベーシックトラックについては、第2テイクが採用されているらしいです。

尚、サビの後、とエンディングに入るギターソロはポールが演奏しているものです。

Lyrics & Chordsは、こちらからダウンロードできます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Ticket to Ride (涙の乗車券)