2014
07.21

A Hard Day’s Night

THE BEATLES

本国での3枚目、そして初主演映画のサウンドトラックアルバムでもある「A Hard Day’s Night」のオープニングナンバー。映画の冒頭でも効果的に使用されているっす。作者のジョンが主にリードをとり、Bメロ部分はジョンにとってキーが高い為、ポールが歌っているっす。

A Hard Day's Night ■使用楽器
Gibson J-160E(John)
Höfner Bass (Paul)
Rickenbacker 360-12 (George)
Ludwig (Ringo)
Piano (George Martin)
Bongo
Cowbell

ビートルズにとって7枚目の英国オリジナルシングルで、英国・米国ともにチャートランキング1位を獲得。B面はおいらの大好きな曲で『Things we Said Today(今日の誓い)』。この楽曲は本国では1964年7月10日に発売されてっす。なお、2009年のリマスターCD発売にあたって邦題が原曲と同じ読みの「ハード・デイズ・ナイト」に改題されたっす。

この曲は1964年4月16日、アビイ・ロード第2スタジオにて録音された。このアルバム製作より、レコーディングは4トラックレコーダーが使用されはじめたらしいっす。

9テイク録音された内の完全バージョン(最後まで演奏された)は5テイク。その9テイク目がベストと判断されたらしいっすよ。

・レコーディング・セッション」によると、トラック1にはベーシックリズム、トラック2にはジョンのヴォーカル、トラック3にはジョンとポールのヴォーカルと、ボンゴ、ドラムス(カウベル?)、アコギ。トラック4にエンディングギターとジョージマーティンのピアノを割り振ったらしいっす。

Lyrics & Chordsは、こちらからダウンロードできます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
A Hard Day’s Night

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。