2016
03.17

<田中マルクス闘莉王>結婚!

2ch まとめ, NEWS

【サッカー】<田中マルクス闘莉王>結婚!お相手はブラジル在住のアリエレ・ゾッピさん

1:2016/03/15(火) 18:51:39.80 ID:
元日本代表DFで、昨季限りでJ1名古屋を退団した田中マルクス闘莉王(34)が結婚したことが15日、分かった。 

お相手はブラジル在住のアリエレ・ゾッピさんで、ゾッピさんがインスタグラムで「私たちの結婚式。2016年3月14日。二人だけで」と告白。多くの友人から「おめでとう」という祝福の言葉が寄せられた。 

闘莉王はブラジル1部リーグのクラブと加入寸前までこぎ着けたが、条件面で合意に至らず破談。 

来季は日本に戻ってプレーする希望を持っており、しばらくは一家が所有するガソリンスタンドなどの経営に携わりながらコンディション維持に努めるという。 

スポーツ報知 3月15日(火)18時45分配信 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160315-00000091-sph-socc 

写真 
http://www.instagram.com/p/BC874eNlEKY/?taken-by=arielezopi



写真
田中 マルクス闘莉王(たなか マルクス トゥーリオ、1981年4月24日 – )は、日本のプロサッカー選手。ブラジルのサンパウロ州出身。主なポジションはディフェンダー(センターバック)。元日本代表。



父親が日系ブラジル人で母親がイタリア系ブラジル人のハーフ。2003年に日本国籍を取得。旧名はマルクス・トゥーリオ・ユージ・ムルザニ・タナカ(Marcus Tulio Lyuji Murzani Tanaka)。「サムライ闘莉王」の愛称で親しまれているほか、「闘将」の異名を持つ。

父方の祖父は広島県出身、父方の祖母は富山県出身で共にブラジルに渡った日系移民である。父親は日系ブラジル人二世で、自身は日系三世に当たる。

1997年、人に勧められて受けたミラソウFC (pt:Mirassol Futebol Clube)のセレクションに合格し、その頃からプロサッカー選手を目指すようになった。その1ヶ月後の1998年1月、留学生を探しにミラソウFCを視察していた千葉県の渋谷幕張高校サッカー部監督の宗像マルコス望に才能を見出され、日本の高校への留学を誘われた。1998年3月、カバン1つだけを持参して16歳で来日した

2001年に高校を卒業し、広島出身の祖父の勧めでサンフレッチェ広島に入団した

2003年からJ2の水戸ホーリーホックにレンタル移籍で加入した。その水戸で、個性を大事にした前田秀樹監督のもと、ディフェンダーでありながら10得点を挙げるなどの活躍をし、守備も攻撃もできる選手としての才能が開花することとなった。同年10月には日本へ帰化し、登録名も「トゥーリオ」から「田中マルクス闘莉王」に変更した

2004年に広島からJ1の浦和レッズに完全移籍。レギュラーで活躍し、ステージ優勝を果たした。

2006年にはリーグ初優勝を果たし、Jリーグ最優秀選手賞 (MVP)および日本年間最優秀選手賞(フットボーラー・オブ・ザ・イヤー)を受賞した。

2007年にはAFCチャンピオンズリーグ優勝、FIFAクラブワールドカップ 3位に貢献し、浦和の黄金時代を築いた。

2010年に移籍した名古屋グランパスでは、入団会見で「リーグ優勝できなければ名古屋に来た意味はない」と語った言葉通り、名古屋を初優勝へ導いた

2016年1月9日、名古屋グランパスを退団することが発表された

wiki
 
36:2016/03/15(火) 19:31:00.06 ID:

>>1
お前が銭ゲバなのは勝手だが、お前に高給払う価値があると思っているクラブなんてねーからw
そんなんだから契約失敗するんだよ
92:2016/03/16(水) 01:24:38.31 ID:

無職のくせに結婚かよ、でもおめでとう
94:2016/03/16(水) 01:27:19.43 ID:

サッカー辞めたらガススタ経営か。
まあ現役にこだわるわな(´・ω・`)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。