本日のオススメ人気投稿

【愛撫エロ画像】染みが出来るまでひたすら摩擦!パンツの上から手マン

パンツを履いている上から大事なところを突っつかれている女の子たちのエロ画像。下着越しに手マンまたは指マンされているという訳で、これを執拗に続けられているとやがて中から愛液が溢れ、パンツに染みが…もちろん弄り度合いで大きくもなりますw
続きを読む...

「多数の異性との性行為を楽しむ」、「相手を入れ替えながら、性欲や精力、時間の許す限り延々と性行為を続ける」ことが『乱交』と定義されるようなので、厳密に言えば3Pや4Pは乱交とは言わないみたいですが、「グループセックス」としては同じカテゴリーに入るそうです。要するに、3人以上の性行為を「グループセックス」と言い、その中で3人での性行為を「3P」、4人での性行為を「4P」、5人以上での性行為を「乱交」と分類するのだそうです。
続きを読む...






11月13日は県民の日…5年連続『魅力度ランキング』最下位、茨城県の魅力を磯山さやかが熱弁「“日本一”が多いんですよ!」

11月13日は茨城県民の日だ!

5年連続して魅力度ランキング最下位だが、こんな日くらい茨城県の魅力に迫ってもいいのではないか?

ということで、“いばらき大使”として日々PRに奮闘している磯山さやかさんに聞くと、マジメにこう答えてくれた。

「意外かもしれませんが、茨城県は“日本一”が多いんです。旬の食材でいえば『栗の収穫量』『サバの漁獲量』『レンコンの出荷量』『白菜の収穫量』『水菜の収穫量』が日本一。野菜の出荷量も全国トップ3に入っていて、茨城県は日本の食卓を支えています。

また“発祥”も多く茨城県は『うな丼』発祥の地。江戸時代後期、牛久沼で渡し船を待っていた人が、茶屋でウナギのかば焼きとご飯を注文しました。食べようと思ったところ船の出発の時間になり、ご飯の入った丼にかば焼きをのせたことから、うな丼ができたといわれています。

『あんぱん』も牛久市出身の木村安兵衛さん(『銀座木村屋』創始者)が、東京の水戸藩下屋敷を訪れた明治天皇に献上したのが最初。茨城発祥と言っても過言ではないでしょう。

さらに『ラーメン』を初めて食べたといわれているのが、徳川光圀公です(諸説あります)。そこで、そのラーメンを再現したのが『水戸藩らーめん』。レンコンを練り込んだ麺を使い、醤油ベースのあっさり味。5種類の薬味が添えてあるのが特徴です。水戸のラーメンといえば、レバーやキャベツ、カボチャなどをあんかけにした『スタミナラーメン』が有名ですが、水戸藩らーめんもオススメ」


茨城県鉾田市出身。『じゅん散歩』(毎週金曜日・9時55分・テレビ朝日)内の『磯山さやかの旬刊!いばらき』(10時20分頃)にナビゲーターとして出演。

出典:http://wpb.shueisha.co.jp/2017/11/13/94774/