本日のオススメ人気投稿

風間ゆみ / 妖艶熟女の本気グラビア!

芸歴20周年を迎えた風間ゆみが、デビュー当時に撮影されたグラビアを完全再現! 1997年、都内某所でスカウトされた。“風間ゆみ”という新しい生き方を見つけた。内気で地味な本当の私。 男の欲望をすべて叶えてきた芸名の風間ゆみ。
続きを読む...

【愛撫エロ画像】染みが出来るまでひたすら摩擦!パンツの上から手マン

パンツを履いている上から大事なところを突っつかれている女の子たちのエロ画像。下着越しに手マンまたは指マンされているという訳で、これを執拗に続けられているとやがて中から愛液が溢れ、パンツに染みが…もちろん弄り度合いで大きくもなりますw
続きを読む...

【美尻エロ画像】スカート捲れば美味しそうな果実!ノーパン制服尻

制服コスプレの女の子たちがお尻を出しているエロ画像。やっぱりミニが揺れて尻たぶがチラチラ見えるだけなのと、ワレメも確認出来るぐらいに丸見えなのとでは事情が全然違ってしまってますね。ノーパンのJKは流石に実在してないかw スカートさけ捲り上げてしまえば尻丸出し、ヤろうと思えばすぐにでも出来るという素晴らしい格好!制服プレイをするならばいきなり全部脱がせるのは無粋だから、こうしてパンツだけ剥ぎ取ってヤれば良くないことしている気分も味わえてイイ感じかもw 制服の種類ですが、現実でも超ミニにしている女子はブレザー一辺倒なのでブレザーが美尻によくお似合いという傾向。セーラー服も悪くはありませんが、あっちはミニスカ過ぎると凄く不自然な気がしますのでwww
続きを読む...






美女コンパニオンまとめ もはや車になりたいwww

【写真】美女コンパニオンまとめもはや車になりたい【TMS2017】

2017年10月27日(金)から11月5日(日)にかけて、東京ビッグサイトで開催された「第45回東京モーターショー2017」(以下「TMS2017」)は、国内最大級のクルマ・バイクの見本市として、多くの来場者を集めました。

通算771,200人が来場し、そのうち4人に1人が女性、また15歳~39歳までが大幅に増加したという統計もあり、幅広い年代が興味を寄せたイベントとなりました。

KAI-YOUでもその補助線として、「MOTOR×CULTURE」をテーマに、『マクロス』シリーズをはじめ多数のアニメーション作品を監督し、日本を代表するメカデザイナーでもある河森正治さんにインタビュー。2018年春公開予定の、最新監督作『重神機パンドーラ』についても語っていただきました。

TMS2017は「未来のモビリティ社会」を想像するきっかけがたくさんあった……
だけじゃ、ない!

東京モーターショーといえば、自動車メーカー各社の新車やコンセプトカーに加え、華を添えるコンパニオンさんもやっぱり見どころ。そこで! KAI-YOU編集部が厳選した、カッコイイクルマと眩しすぎる美女の共演、一挙にお届けします。

TMS2017では、「未来のモビリティ」をテーマにした特設ブース「TOKYO CONNECTED LAB 2017」も展開されていました。来場者はVRを活用したゲームやインタラクティブな展示、トークイベントを通じてそのテーマへの思いを深めます。

「THE MAZE」では、迷路に見立てた架空の東京を、未来のモビリティで走りながら目的地へ向かう、ゲーム感覚の体験コンテンツ。VRシステム「PlayStation®VR」を最大30台接続し、参加者は同時にゲームをプレイ。

他のユーザーの走行情報や地図データが共有される仕組みを通じて、都市や情報とつながるクルマ(=コネクティッドカー)を体験。その価値と未来のイメージを実感しました。

巨大ドームで展開されたインタラクティブ展示「THE FUTURE」では、6台のプロジェクターを駆使して、ドーム内いっぱいに映像を照射。来場者は「未来のモビリティ」が普及した世界を垣間見ます。

ソーシャルグッド、ユニバーサル、ムーブ、ドライブ、プライベート、シェアという今後想定される「6つの未来」のキーワードをベースに、その価値を反映した都市とクルマの関係性を描き出します。

映像の迫力もさながら、「あるかもしれない未来」に来場者は足を止め、じっくりと映像を鑑賞していたようです。

また、東京モーターショー公式アプリのアンケートを通じ、このドーム内の映像に自分の名前をつけたクルマを表示させる遊び心にも、多くの来場者が参加していました。

カッコイイクルマ、華を添えるコンパニオン……でも、“それだけじゃない”第45回東京モーターショー2017には、今後私たちが進んでいく未来のインスピレーションがいくつも表れていました。

それは、クルマが単に「クルマ」として存在するのではなく、インターネットでつながるひとつの「ガジェット」であり「システム」になることの到来を予感させるのに充分だったと言えます。

次回の東京モーターショーでは、さて、どんな未来が見えてくるのでしょうか。

スポンサーリンク