本日のオススメ人気投稿

【愛撫エロ画像】染みが出来るまでひたすら摩擦!パンツの上から手マン

パンツを履いている上から大事なところを突っつかれている女の子たちのエロ画像。下着越しに手マンまたは指マンされているという訳で、これを執拗に続けられているとやがて中から愛液が溢れ、パンツに染みが…もちろん弄り度合いで大きくもなりますw
続きを読む...

「多数の異性との性行為を楽しむ」、「相手を入れ替えながら、性欲や精力、時間の許す限り延々と性行為を続ける」ことが『乱交』と定義されるようなので、厳密に言えば3Pや4Pは乱交とは言わないみたいですが、「グループセックス」としては同じカテゴリーに入るそうです。要するに、3人以上の性行為を「グループセックス」と言い、その中で3人での性行為を「3P」、4人での性行為を「4P」、5人以上での性行為を「乱交」と分類するのだそうです。
続きを読む...






松坂桃李、次は“殺人マシーン” <マクガワン・トリロジー>

松坂桃李の画像

俳優の松坂桃李の主演舞台「マクガワン・トリロジー」の上演が決定した。「娼年」から約2年ぶりの舞台となる今作品で、松坂は殺人マシーンという、非常に猟奇的で過激ながら、心に悲しみをもつ主人公を演じる。

松坂桃李、次は“殺人マシーン” <マクガワン・トリロジー>画像

松坂桃李主演舞台「マクガワン・トリロジ ー」
本作は、アイルランド、ゴールウェイの作家シーマス・スキャンロンによって書かれ、2014年、ニューヨークの第一回アイルランド演劇祭にて上演され複数の賞を受賞した作品。南北アイルランドを舞台に、IRA(アイルランド共和軍)の殺人マシーンとして出世を果たすヴィクター・マクガワンの暴力性と悲哀に満ちた物語。「Trilogy(三部作)」というタイトルの通り、ヴィクターを中心とした3年の歳月が、3つのパートで描かれたコメディタッチの悲劇で、日本国内では、今回が初演となる。

ドラマ、映画、舞台と俳優として幅広く精力的に活躍中の松坂が今回の舞台では、ヴィクター・マクガワンという猟奇的で過激でありながら、心の内に悲しみも孕んだ複雑なキャラクター性をもつ人物を演じる。日本演劇界で最も期待の集まる演出家の一人である小川絵梨子氏の大胆かつ明達な演出のもと、浜中文一、趣里、高橋惠子ら個性溢れ実力も備える共演者とともに、これまでにない新境地を目指し、体当たりで挑む。

6月29日から7月29日まで、東京、愛知、兵庫で上演する。

松坂桃李、次は“殺人マシーン” <マクガワン・トリロジー>