本日のオススメ人気投稿

【愛撫エロ画像】染みが出来るまでひたすら摩擦!パンツの上から手マン

パンツを履いている上から大事なところを突っつかれている女の子たちのエロ画像。下着越しに手マンまたは指マンされているという訳で、これを執拗に続けられているとやがて中から愛液が溢れ、パンツに染みが…もちろん弄り度合いで大きくもなりますw
続きを読む...

【自撮りエロ画像】乳ばかりじゃ食傷気味だろうから…女神たちの自撮り尻!

自分のお尻を自撮りした、お尻の女神様たちのエロ画像。隠すべき部分は中心のみであってお尻自体は隠す必要がありませんから、上手く隠して丸出しにするお方も多数。お尻が綺麗な女性はきっと人生で得しているはずw それだけ魅力的に見えるお尻なんですが、コレ単体を弄っただけではそこまで強くは感じてくれません。しかし一度絶頂に追いやるなどすれば、感度が上がってたかが尻揉みだけでも過剰反応を示してくれる事があるかもw
続きを読む...

2009年9月にAVデビュー。2011年12月のリリース作品で引退。それから6年、今年2017年8月にAV復帰。 エロいオーラをプンプンさせながら芸術的なほど綺麗なカラダのライン…。素晴らしい。。。ちなみに、このヌードグラビアは引退前のものではありますが、復帰した現在もこのエロボディは健在ですっ!
続きを読む...

常盤貴子 伝説のピンク乳首とEカップ巨乳を公開した温泉現場

「この間、何気なく写真誌をペラペラとめくっていたら、当時、松ちゃん(『ダウンタウン』松本人志)と付き合っていた常盤貴子(45)の写真が載っていて、とてもなつかしく思いました。アレから20年程。月日の経過をしみじみと感じました」(お笑い関係者)

そんな常盤が、12月24日放送のドラマスペシャル『松本清張 鬼畜』(テレビ朝日系午後9時~)に出演する。
「この作品は、松本清張が実話をもとに1957年に執筆した短編小説が原作。妻(常盤)とともに真面目に働く夫(玉木宏)が、事業に成功すると、愛人(木村多江)を囲って子供を3人産ませるが、後に不貞がバレて子供たちを“処分”していくという物語です」(ドラマ関係者)

“現実”に追い詰められて人の道を踏み外す男と、ただひたすら父親を思い、信じ続ける息子を丁寧に描いた同作は、1978年に緒形拳(故人)主演で映画化。2002年には、ビートたけし主演でドラマ化もされ、センセーショナルな描写で日本中を震憾させた。
夫の不貞が発覚するや、よく出来た女房から“冷酷な女”に一変する常盤は、木村多江と大バトルを展開。

「クリスマス・イブなのになぜ『鬼畜』!?」
と常盤は驚きながらも、
「(木村のことが)大好きなので、気兼ねなく、思い切り胸を借りることができました」
と笑顔。木村も、
「信頼して、お互いにぶつけ合うことができました」
と微笑んだ。
「この他、12月16日には出演映画『花筐/HANAGATAMI』が公開されましたが、テレビはEテレの『旅するフランス語』くらい。来年は、色々な意味で、もっと“露出”してほしいですね」(芸能ライター・小松立志氏)

常盤は1972年4月30日、神奈川県横浜市港北区生まれの45歳。
「いよいよ、脂の乗り切った“アラフィフ”女の時代に突入です。寿司に例えると、中トロか大トロ、あるいは熟成極上赤身。見るからに“おいしそう”な時期です」(テレビ局関係者)

3歳上の姉との2人姉妹で、小学4年から高校1年まで、父親の仕事の都合で兵庫県西宮市で暮らしていた。
「ですから、素顔の彼女はめちゃくちゃお笑い好き。いわゆる“関西系のノリ”で、漫才日本一を決める『M-1グランプリ』は、毎年欠かさず見ているようです」(芸能関係者)

その後、西宮東高~駒沢女子高を経て、関東学院女子短期大学(家政科生活文化専攻)を卒業した。
「短大在学中に自ら所属事務所の門を叩いたというのが定説となっていますが、真偽のほどは定かではありません。祖父は、地方銀行とはいえ頭取まで務めたお家柄で、彼女は、いわば“いいとこのお嬢さん”なんです。ただ、小さい頃から芸能界に憧れていたのは確かです」(ドラマプロデューサー)

実は、“初仕事”は、東京・原宿の『歩行者天国』での路上ライブだったことを知る芸能関係者は、ごくわずか。
「2015年1月にリリースされた『なかにし礼と12人の女優たち』(日本コロムビア)で、念願のCDデビューを果たしましたが、当初、歌手デビュー予備軍の1人だったことは、ほとんど知られていません」(音楽関係者)

1991年、ドラマ『イブは初恋のように』(TBS系)で女優として本格デビューを飾り、2年後のドラマ『悪魔のKISS』(フジテレビ系)で、ガ然注目を集めるようになったのだ。
「買い物依存症で、借金地獄に陥る女子大生を演じ、借金返済のために“風俗”で働くシーンでは、今では絶対タブーの“おっぱい丸出し”のヌードを惜しげもなく披露。文字通り、“体当たりの演技”を見せてくれたのです」(ドラマ制作関係者)

台本上は“ブラジャーまで”だったというが、
「演技の出来いかんによっては、途中で消えてもらうかもしれない…」
という担当プロデューサーの“ひと言”が常盤の女優魂に火をつけたと言われている。
「その時見せた美巨乳は、ピンクの乳首で“幻のおっぱい”と呼ばれ、フルヌードの殿堂入りを果たしています」(お宝ライター)

今や“伝説”にもなっている常盤の巨乳。
「カタすぎず、柔らかすぎずのボリューム感いっぱいの乳房でした。しかも、引力に逆うかのように下に垂れず、ドド~ンと前に出た推定Eカップの“ロケット巨乳”でした。この熱演で、もちろん最終回まで出演は続きました」(前出・小松氏)

困ったのは、相手役の寺脇康文だった。
「いくら演技中とはいえ、目の前に常盤の美巨乳があるのですからタマりません。男らしく、“フル勃起”してしまったようです。その後、2人は共演していないはずです」(同)

その後は“連ドラの女王”として、NHK、民放各局を総ナメにした常盤。結婚は2009年10月。
「相手は、劇作家兼演出家で俳優でもある3歳下の長塚圭史。ベテラン俳優・長塚京三の息子です。2人は2003年公開の映画『ゲロッパ!』での共演がキッカケでした」(芸能レポーター)

結婚前の常盤は、福山雅治、織田裕二、窪塚洋介、レスリー・チャンらとの仲が取り沙汰された。
とりわけ、冒頭にもあるように、『ダウンタウン』の松本人志との交際は長く続き、ゴールインは確実と見られていた。
「関西系のノリで意気投合した2人。好色で変態癖のある松本が“あれがよくてあれがよくて”と言いふらすほど、体の相性もバッチリでした」(前出・お笑い関係者)

しかし、次々に飛び出す女性スキャンダルと煮え切らない松本の態度に愛想を尽かし、破局。
「常盤はエッセーを出版し、松本と思われる男の浮気発見エピソードを暴露。松本にまったく未練が残っていないことを、松本本人にも世間にもハッキリと示したのです」(ワイドショー芸能デスク)

さて、長塚との夫婦関係だが…。
「仮面夫婦、セックスレスと、もっぱらの噂なんです」(女性誌記者)

常盤に負けず劣らず、長塚も結婚前は、水野美紀、永作博美、倉科カナらと浮名を流した。
「酒が入ると、共演した女優にすぐ手を出すことで有名という舞台関係者もいます。結婚後も、Gカップ女優の真木よう子との“酔いどれW不倫デート”が写真誌にキャッチされたこともありました」(前出・芸能レポーター)

いつ破綻してもおかしくないという夫婦関係。
「その日がいつ来てもいいように、彼女はもう“脱ぐ”覚悟をしています。今も裸には自信があるようです」(芸能記者)

今年、昼ドラ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)出演中に、同局の『徹子の部屋』に番組宣伝絡みで出演したときのことだ。
「米国オレゴン州を旅行中に現地の混浴温泉に入った際、おじいちゃんたちに裸を見せて回ったことを嬉々として語った後、“混浴は全然平気です”と、ことさら裸露出OKを強調したのです」(夕刊紙記者)

2018年は、幻のヌードが蘇る!!

常盤貴子 伝説のピンク乳首とEカップ巨乳を公開した温泉現場