本日のオススメ人気投稿

2017年にもっとも躍進した女優・土屋太鳳ちゃん。12月15日にはセカンド写真集となる「初戀。」も発売!
続きを読む...

2009年9月にAVデビュー。2011年12月のリリース作品で引退。それから6年、今年2017年8月にAV復帰。 エロいオーラをプンプンさせながら芸術的なほど綺麗なカラダのライン…。素晴らしい。。。ちなみに、このヌードグラビアは引退前のものではありますが、復帰した現在もこのエロボディは健在ですっ!
続きを読む...

風間ゆみ 芸歴20周年…鮮と艶

芸歴20周年を迎えた風間ゆみが、デビュー当時に撮影されたグラビアを完全再現!1997年、都内某所でスカウトされた。“風間ゆみ”という新しい生き方を見つけた。内気で地味な本当の私。 男の欲望をすべて叶えてきた芸名の風間ゆみ。
続きを読む...

小説家・紗倉まな 官能ヘアヌード

人気AV女優の紗倉まなによる同名小説を、「ヘヴンズ ストーリー」「64 ロクヨン」などを手がけた瀬々敬久監督が映画化した「最低。」が11月25日公開される。それぞれ違った年齢、立場の3人の女性が、日常の延長線上でAVとかかわることになり、その背景や周囲の人間たちとの関係性を丁寧に紡ぎ出した物語だ。公開を前に、主人公の女性3人を演じた森口彩乃、佐々木心音、山田愛奈、原作者の紗倉に話を聞いた。(取材・文/編集部 写真/間庭裕基)

夫との閉塞した関係に悩む子供のいない30代の主婦・美穂、田舎の家族たちから逃げるように上京し、AV女優として多忙な毎日を送る25歳の彩乃。奔放な母親に振り回されながらも、絵を描いている時だけは自由になれる17歳の女子高生・あやこ。境遇も年齢も性格もバラバラながら、ある出来事をきっかけに彼女たちの運命が大きく動き始める。

–原作も映画も、一人の人間として普通の日常生活を送りながらAV業界で働く女性、彼女らとかかわりを持つ男性や家族たちと、誰もが持つ人間関係や感情が丁寧に描かれています。また、映画も、原作のタイトルと同じ「最低。」になりました。小説が映画化されることについて、完成した作品を見た感想を教えてください。

紗倉「小説のタイトルは、物語を書き終えた最後に付けました。小説は4人の女性の話で、文章のどこにも“最低”という言葉は出てこないのですが、この仕事をしていると、心の中でAVという仕事を選んでしまったこと、そのことで誰かを傷つけてしまったこと、そして、自分の選択でがんばり続けている私自身も含め、全く後ろめたさを感じずにやっている女性は、誰一人としていないんじゃないかと思って。それを考えたときに、心の中でつぶやく言葉って、なんだろうと考えてこのタイトルを選んだんです」

人気AV女優の紗倉まなによる同名小説を、「ヘヴンズストーリー」「64ロクヨン」などを手がけた瀬々敬久監督が映画化した「最低。」が11月25日公開される。それぞれ違った年齢、立場の3人の女性が、日常の延長線上でAVとかかわることになり、その背