本日のオススメ人気投稿

風間ゆみ / 妖艶熟女の本気グラビア!

芸歴20周年を迎えた風間ゆみが、デビュー当時に撮影されたグラビアを完全再現! 1997年、都内某所でスカウトされた。“風間ゆみ”という新しい生き方を見つけた。内気で地味な本当の私。 男の欲望をすべて叶えてきた芸名の風間ゆみ。
続きを読む...

「多数の異性との性行為を楽しむ」、「相手を入れ替えながら、性欲や精力、時間の許す限り延々と性行為を続ける」ことが『乱交』と定義されるようなので、厳密に言えば3Pや4Pは乱交とは言わないみたいですが、「グループセックス」としては同じカテゴリーに入るそうです。要するに、3人以上の性行為を「グループセックス」と言い、その中で3人での性行為を「3P」、4人での性行為を「4P」、5人以上での性行為を「乱交」と分類するのだそうです。
続きを読む...

華村あすか、進化するシンデレラの現在地

グラビアデビューから3ヶ月余り。加速度的に進化を遂げる18歳の現在地。 ただ恥じらうだけだった少女は、撮るたび劇的に変わっていく。原石は磨かれ、輝きを増す。
続きを読む...

多田愛佳「ここまで脱いだことはなかった…」“ほぼ裸”も見せる大胆な1st写真集

多田愛佳「ここまで脱いだことはなかった…」“ほぼ裸”も見せる大胆な1st写真集

元HKT48の多田愛佳さんが、ファースト写真集『らぶLetter』の発売記念イベントを福家書店 新宿サブナード店で10日に開催した。

インドネシアのバリ島で撮影された多田さんの写真集は、表紙からも分かる通り、今までにない大胆セクシーショットに挑戦した意欲作となっている。「すごくいい作品に仕上がったなと思います。体を張ってよかったなと思いました」と多田さんは出来栄えに自信を見せた。

写真集の自己採点を聞かれると「自分のファンだけじゃなくて、本当にいろんな人に見てもらいたいほど、良い作品に仕上がっているので、点数は付けられないです。家宝です」と大満足そうだった。

セクシーカットに挑戦したことに「撮影中は“これで大丈夫かな”と不安もあったんですが、カメラマンさんから“もっとお尻を突き出して”とか、アドバイスをいただきながら撮影しました。自分だけじゃなくて、スタッフさんの助けを借りて本格的な作品に仕上がったと思います」と振り返った。

恥ずかしかった写真を聞かれると、「プールで上半身裸でTバックで振り返っているカットが1番恥ずかしかったです。ほぼ裸だったので、それはすごく頑張ったなと思います」と打ち明けた。

さらに「ここまで脱いだことはないので、初めて見る多田愛佳が見られる作品。大人な多田愛佳を目指して大人ぶってみました。実際に大人かどうかは置いといて。」と笑い、「自分で見てかわいいなともました。自分でも見たことがない、自分じゃない自分みたい。新しい自分を知ることができました」と語った。

バリへは今回の撮影で初めて訪れたと言い「なんで今まで来てなかったんだと後悔するほどキレイでした」と声を高くした多田さんは「ハワイにも行ったことがないので次はぜひ行ってみたい。お仕事で海外に行けるのが楽しみなので、まずは今回の写真集がドカ売れしないと!」と意気込んでいた。

多田愛佳「ここまで脱いだことはなかった…」“ほぼ裸”も見せる大胆な1st写真集

小宮有紗のケツ、プリプリすぎるだろ

◆Aqours・黒澤ダイヤ役声優・小宮有紗の写真集が2月発売
声優・小宮有紗さんの写真集「小宮有紗写真集 Majestic」が2018年2月1日に発売される。「ラブライブ!サンシャイン!!」Aqours・黒澤ダイヤ役で知られる小宮有紗さんの、24歳になる誕生日を目前にした写真集。ベトナムや北海道でのロケ写真などが収録される。
◆小宮有紗、美しすぎる完璧ボディ!
「新グラビア女王」の最有力候補と目されている女優の小宮有紗(こみやありさ)。来年2月1日に写真集『Majestic(仮)』をリリースする。解禁された先行カットは、月の浮かぶ夜の暗闇にビキニ姿で佇んでいる幻想的な一枚。照明に照らされたボディは驚くほど引き締まっており、それでいながらバストとヒップはボリューム満点という、文句のつけようのない完璧プロポーションだ。
小宮有紗(こみやありさ)プロフィール
生年月日 1994年2月5日
生年月日 23歳(2017年時)
出生地 栃木県下野市
身長 164cm
血液型 B型
職業 女優、声優
続きを読む...

永尾まりやのセックス!もうこれはAV女優だろ!

■永尾まりや、「不能犯」でベッドシーンに果敢に挑戦!
乳房を揉みしだかれ、耳をなめられるなど、かなり激しい性的な描写があるが、最初にオファーが届いた時は不安やためらいでいっぱいだったという。「初めてのことだったので、“どこまでやるの? 私、どうなっちゃうの?”という恐怖もあったし、どこかで“そんなことしていいの?”という後ろめたさもありました」と明かす。それでも「殻を破りたい」という気持ちが恐怖に勝り、「これをチャンスにしよう!」という強い思いでオファーを受けた。最初は「めっちゃ格好いい!」とファンのように歓喜したが、松坂演じる宇相吹にボソリと耳元でささやかれるシーンで「化け物が横にいるように感じてゾクっとした」と明かす。「いつか、私も共演者にそう感じてもらえる女優になりたいです」とさらなる飛躍を誓っていた。
続きを読む...