本日のオススメ人気投稿

2017年にもっとも躍進した女優・土屋太鳳ちゃん。12月15日にはセカンド写真集となる「初戀。」も発売!
続きを読む...

「多数の異性との性行為を楽しむ」、「相手を入れ替えながら、性欲や精力、時間の許す限り延々と性行為を続ける」ことが『乱交』と定義されるようなので、厳密に言えば3Pや4Pは乱交とは言わないみたいですが、「グループセックス」としては同じカテゴリーに入るそうです。要するに、3人以上の性行為を「グループセックス」と言い、その中で3人での性行為を「3P」、4人での性行為を「4P」、5人以上での性行為を「乱交」と分類するのだそうです。
続きを読む...
















吉岡里帆、無敵のブレイク女優が新年最初の大勝負!

2017年に最もブレイクした女優といえば、誰の口からも吉岡里帆(24)の名が真っ先に挙がるだろう。

当初はビジュアル先行のイメージがあったが、同年1月クールのドラマ『カルテット』(TBS系)での小悪魔演技で「ただ可愛いだけではない」と証明し、同7月クールのドラマ『ごめん、愛してる』(TBS系)ではヒロインを務めた。オリコンが発表した「2017年ブレイク女優ランキング」でも文句なしの1位を獲得している。

さらに今年1月16日からスタートするドラマ『きみが心に棲みついた』(TBS系)で連ドラ初主演。桐谷健太(37)、向井理(35)という人気俳優を相手に堂々の主演を務める。

さらには「新CM女王」としても注目され、「UR都市機構」「ZOZOTOWN」「資生堂」など大手企業のイメージキャラクターに続々と起用。キツネコスプレで星野源(36)と軽妙な掛け合いを見せる日清「どん兵衛」のCMは人気シリーズとして定着し、CM総合研究所が発表した「2017年度『消費者を動かしたCM展開』」で特別賞を受賞した。

まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの大活躍。女性人気も徐々に高まっており、ファッション誌の表紙に登場する機会も増加している。だが、そのブレイクのきっかけは男性たちを魅了した極上のスレンダーボディだった。

「デビュー当初はオーディションで落選続きで悔しい思いをしていたようです。しかし、2014年に『週刊プレイボーイ』(集英社)で水着グラビアデビューを果たし、清楚なルックスに似合わぬ見事なボディで注目度が急上昇しました。これをきっかけに男性人気が沸騰し、業界内の評価も一変。翌年から映画出演が相次ぎ、場末のホストクラブを舞台にしたコメディ映画『明烏』(2015年公開/福田雄一監督)でドタバタコメディに体当たりで挑んだことで女優として大きく成長しました。元々、舞台を中心に活動していたので演技力には確かなものがあり、グラビアできっかけをつかんだ途端に一気に弾けたといえそうです」(アイドルライター)

吉岡里帆、無敵のブレイク女優が新年最初の大勝負!

吉岡里帆 まとめ

スポンサーリンク