本日のオススメ人気投稿

2009年9月にAVデビュー。2011年12月のリリース作品で引退。それから6年、今年2017年8月にAV復帰。 エロいオーラをプンプンさせながら芸術的なほど綺麗なカラダのライン…。素晴らしい。。。ちなみに、このヌードグラビアは引退前のものではありますが、復帰した現在もこのエロボディは健在ですっ!
続きを読む...

【愛撫エロ画像】染みが出来るまでひたすら摩擦!パンツの上から手マン

パンツを履いている上から大事なところを突っつかれている女の子たちのエロ画像。下着越しに手マンまたは指マンされているという訳で、これを執拗に続けられているとやがて中から愛液が溢れ、パンツに染みが…もちろん弄り度合いで大きくもなりますw
続きを読む...

【エロ画像】パンツの上から手マン!染みが出来るまでひたすら摩擦!

パンツを履いている上から大事なところを突っつかれている女の子たちのエロ画像。下着越しに手マンまたは指マンされているという訳で、これを執拗に続けられているとやがて中から愛液が溢れ、パンツに染みが…もちろん弄り度合いで大きくもなりますw
続きを読む...






ローラ CM女王を突然襲った「濡れ場画像」流出!

12月6日にニホンモニター社が発表した『2017タレントCM起用社数ランキング』で、3年ぶりにトップへ返り咲いたローラ(27)が、ハリウッド女優として本格的活動を始めたという。

「ハリウッド女優といえば聞こえはいいが、実際は、“ポルノ女優”としてやっていくとの話が伝わってきます。米国の女優ですら活躍するのが難しいといわれている世界。それだけに、アジア人が最初の活動の場にするのは、やはり脱ぎも含めた濡れ場が中心。あのマドンナだって、過去にはヌードで活動してきたわけですから」(映画関係者)

ローラは’16年、映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』に出演したが、日本受け狙いともいえる超脇役で嘲笑を買った。

「彼女は以前から、夢はハリウッドと公言していましたから、夢が叶ったわけです。でも、もともと『バイオハザード』は、日本の興行収入目当ての映画。つまり、彼女は客寄せパンダ的な配役でした。ところが、それを勘違いしたのがローラ。ますますハリウッド志向が強まったというんです」(芸能プロ関係者)

現在、ローラは所属事務所と契約をめぐって揉めている真っ最中。一方的に独立し、一部関係者には新事務所設立も連絡している。

「契約内容が実質20年契約だとしてローラは怒り心頭。『奴隷契約』とまで言い放った。なんでも、所属事務所としてはローラのハリウッド進出は無理だと反対していたのに、本気で米国進出を主張するようなったとか。方向性も対立するばかり」(スポーツ紙記者)

12月21日放送のTBS系『ネプ&ローラの爆笑まとめ!2017』にMCとして久々にテレビ出演したが、現在、ローラはCMでしか見ることができない。

「彼女はロサンゼルスに自宅を物色し、最近決まったようです。そこを拠点に活動を開始。映画を中心に交渉中だそうですが、内容は伝わっていません」(同)

そんな中、こんな情報が浮上。

「ローラによく似た女性の濡れ場写真が流出中です。彼女は欧米系顔ですが、地黒でアジア系。ハリウッドでは最近、有力者との枕営業で役をもらうのが問題になっている。ローラの私的写真、もしくはプロモーション用の濡れ場写真の可能性はゼロではない。もし違っても、流出写真のように濡れ場で仕掛ければ、勝算はあるかも」(映画ライター)

本番映画もOK?

ローラ CM女王を突然襲った「濡れ場画像」流出!

ダレノガレ明美、ローラ、IVAN…実は「本名が和風すぎる」ハーフタレント

傷だらけのローラ違約金10億円なら日米本番女優に活路か?