本日のオススメ人気投稿

華村あすか、進化するシンデレラの現在地

グラビアデビューから3ヶ月余り。加速度的に進化を遂げる18歳の現在地。 ただ恥じらうだけだった少女は、撮るたび劇的に変わっていく。原石は磨かれ、輝きを増す。
続きを読む...

渡辺梨加 ギリシャで見せたはじめての顔

舞台はギリシャ・サントリーニ島。超豪華で旅情あふれるロケによって、彼女の美しさは極限まで高まる!
続きを読む...

風間ゆみ / 妖艶熟女の本気グラビア!

芸歴20周年を迎えた風間ゆみが、デビュー当時に撮影されたグラビアを完全再現! 1997年、都内某所でスカウトされた。“風間ゆみ”という新しい生き方を見つけた。内気で地味な本当の私。 男の欲望をすべて叶えてきた芸名の風間ゆみ。
続きを読む...






レースクイーン・近藤みやび、超絶ボディを見せつけるミニスカ衣装で地上波降臨!

レースクイーンの近藤みやび(24)のボディとキャラに、ネット上の視聴者から驚きの声が上がっている。

近藤は14日放送の『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に出演。この日はレーサーの脇阪寿一(わきさか・じゅいち/45)がゲストで、国内最高峰の自動車レース「SUPER GT」を華やかに彩るレースクイーンについてアツいトークが繰り広げられた。

この中で脇阪は、SUPER GTを支えるのは、「車」「モータースポーツ」「ドライバー」「レースクイーン」のファンだと発言。レースクイーンのファンは「カメラ小僧」と呼ばれ、あらゆる会場にドデカい一眼レフカメラを抱えてやってくるという。脇阪によると、カメラ小僧には社会的に成功した人が多く、グッズを買うなどでレース運営の財源を支えているそうだ。

しかし、今年に入って「F1」がレースクイーン(正確にはグリッドガール)制度の廃止を発表。日本で一般的にイメージされるレースクイーンとグリッドガールは別物だが、F1の運営サイドは「現代の社会規範とかけ離れている」と説明しており、その考えは日本のモータースポーツ界にも大きな影響があるという。

http://www.menscyzo.com/2018/06/post_70366.html