本日のオススメ人気投稿

華村あすか、進化するシンデレラの現在地

グラビアデビューから3ヶ月余り。加速度的に進化を遂げる18歳の現在地。 ただ恥じらうだけだった少女は、撮るたび劇的に変わっていく。原石は磨かれ、輝きを増す。
続きを読む...

2009年9月にAVデビュー。2011年12月のリリース作品で引退。それから6年、今年2017年8月にAV復帰。 エロいオーラをプンプンさせながら芸術的なほど綺麗なカラダのライン…。素晴らしい。。。ちなみに、このヌードグラビアは引退前のものではありますが、復帰した現在もこのエロボディは健在ですっ!
続きを読む...

「多数の異性との性行為を楽しむ」、「相手を入れ替えながら、性欲や精力、時間の許す限り延々と性行為を続ける」ことが『乱交』と定義されるようなので、厳密に言えば3Pや4Pは乱交とは言わないみたいですが、「グループセックス」としては同じカテゴリーに入るそうです。要するに、3人以上の性行為を「グループセックス」と言い、その中で3人での性行為を「3P」、4人での性行為を「4P」、5人以上での性行為を「乱交」と分類するのだそうです。
続きを読む...

ラバーフェチ系モデル・北見えり、黒パンティずり下げ半ケツ披露した寝姿がエロ爽やか!

9日、メガネとラバー衣装をこよなく愛するフリーモデルの北見えり(24)が、ベッド上で黒パンティをずり下げたまま寝ている画像を自身のTwitterに2枚アップ。美尻ぶりをアピールした。

北見が投稿したのは、白ニット&黒パンティというスタイルで、うつ伏せと横向きに寝ているポージング違いのショット。いずれの画像もカメラに向けたお尻の上部分があらわになったセクシーなもので、特に“横寝ショット”は半ケツ状態で割れ目までバッチリ見えてしまっている。

それでいて、自然光の入り方やニットのモコモコ感で爽やかさやかわいらしさもあり、“朝起きたら彼女がエッチな寝姿に”という恋人気分も味わえる演出だ。

以前、本サイトのインタビュー(※)で「写真の中ではエッチで可愛い姿を見せたい」と語り、モデルとして心がけていることについて「自分の“チンコが立つように”ってことかな(笑)」と明かしたように、今回の投稿はまさに男心を掴むエロキュートな魅力が詰まったもの。また、寝ているのにメガネはかけたままという点に、愛好家としてのこだわりが感じられる。

※“ラバー系ロリメガネ”フェチモデル・!! 楚々としながら肉感的な魅力

16歳の頃からフェチ系モデルとして活動している北見。スリーサイズは上からB85・W56・H89(cm)というメリハリボディが映える衣装やポージングなど、SNSで披露される画像はどれもインパクトの強いものばかりだ。

http://www.menscyzo.com/2018/04/post_64721.html