本日のオススメ人気投稿

橋本マナミの温泉入浴がエロすぎ…

NHKで放送されてる『所さん!大変ですよ』で、橋本マナミちゃんの入浴シーンが話題に。19時台というゴールデンタイムでお茶の間に家族が集う時間帯に谷間やいろんなとこ見せまくりの国民の愛人。エロ過ぎてヤバイでしょ。。。
続きを読む...

男女入り乱れての乱交セックス!

今回ご紹介するエロ画像のテーマは複数プレイです!もちろん男女が複数人でセックスをするといったプレイですが、ハッキリいって、アダルトビデオ業界などに席を置いているような人でもなければ、なかなかこういった機会は訪れることはありませんよね!?機会がないからこそ興味がある!といった方も多いのではないでしょうか?以前はよく、ハプニングバーなどでいつの間にか乱交に…なんていう話を聞いたことがありますが、最近はそんな話はてんで聞こえてきません…。まだ存在するのでしょうか?話は逸れてしまいましたが、今回ご紹介するエロ画像のテーマは複数プレイです!どうぞお楽しみくださいませ!
続きを読む...

【エロ画像】パンツの上から手マン!染みが出来るまでひたすら摩擦!

パンツを履いている上から大事なところを突っつかれている女の子たちのエロ画像。下着越しに手マンまたは指マンされているという訳で、これを執拗に続けられているとやがて中から愛液が溢れ、パンツに染みが…もちろん弄り度合いで大きくもなりますw
続きを読む...






マシュマロIカップのメイリが“魅惑の下乳”を披露

90センチ Iカップのマシュマロバストが話題の新人グラドル・メイリさんが、1st DVD『メイリが教えてあげる』の発売記念イベントを9日、ソフマップAKIBA 4号店 アミューズメント館で開催した。

以前にアイドルグループで活動していたこともあるメイリさんは、しばらくタレント活動を離れてOLをしていた時期もあったが、撮影会モデルから再びグラドルとして復帰を果たした。透き通るような美白肌にマシュマロのように柔らかそうなバストが魅力的で、魅惑の下乳を武器にグラビア界を席巻しつつある。メディアでの露出はまだ少ないものの、すでに個人撮影会ではわずかの時間で予約が埋まるほどの人気で、8月にDMMから配信されたVR動画も大好評だ。

メイリさんは9月にバリ島で撮影された本作の内容について「家庭教師の私が生徒に勉強やいろんなことを教えるストーリーです。“勉強が手につかないからキスして欲しい”と言われて“いいよ”って、ドキドキのシーンが展開します」と内容を紹介した。

見どころについて、「夜に生徒の部屋に遊びに行くシーンで、すごくセクシーな黒い衣装で登場します。“こんな家庭教師はいないでしょ!”と突っ込まれそうですが、メイリがいろんなことを教えてあげる夢のようなシーンです」とアピールした。

さらに、撮影中のハプニングを「ブラが勢い余ってパチン!と外れて、ニップレスまではじけ飛んじゃいました」と笑顔で明かした。

この日もあふれそうな下乳に記者たちも目を奪われていたが、「小柄なんで、服を着ているとあまり巨乳に見えないんですが、脱いだらびっくりというギャップがめっちゃ気に入っています。モテるかな?」と無邪気に笑っていた。

12月21日に誕生日を迎えるメイリさんは、年内は23日の東京と、30日の大阪での撮影会に出演する。

メイリTwitter https://twitter.com/picoondayo

マシュマロIカップのメイリが“魅惑の下乳”を披露

小宮有紗のケツ、プリプリすぎるだろ

◆Aqours・黒澤ダイヤ役声優・小宮有紗の写真集が2月発売
声優・小宮有紗さんの写真集「小宮有紗写真集 Majestic」が2018年2月1日に発売される。「ラブライブ!サンシャイン!!」Aqours・黒澤ダイヤ役で知られる小宮有紗さんの、24歳になる誕生日を目前にした写真集。ベトナムや北海道でのロケ写真などが収録される。
◆小宮有紗、美しすぎる完璧ボディ!
「新グラビア女王」の最有力候補と目されている女優の小宮有紗(こみやありさ)。来年2月1日に写真集『Majestic(仮)』をリリースする。解禁された先行カットは、月の浮かぶ夜の暗闇にビキニ姿で佇んでいる幻想的な一枚。照明に照らされたボディは驚くほど引き締まっており、それでいながらバストとヒップはボリューム満点という、文句のつけようのない完璧プロポーションだ。
小宮有紗(こみやありさ)プロフィール
生年月日 1994年2月5日
生年月日 23歳(2017年時)
出生地 栃木県下野市
身長 164cm
血液型 B型
職業 女優、声優
続きを読む...

永尾まりやのセックス!もうこれはAV女優だろ!

■永尾まりや、「不能犯」でベッドシーンに果敢に挑戦!
乳房を揉みしだかれ、耳をなめられるなど、かなり激しい性的な描写があるが、最初にオファーが届いた時は不安やためらいでいっぱいだったという。「初めてのことだったので、“どこまでやるの? 私、どうなっちゃうの?”という恐怖もあったし、どこかで“そんなことしていいの?”という後ろめたさもありました」と明かす。それでも「殻を破りたい」という気持ちが恐怖に勝り、「これをチャンスにしよう!」という強い思いでオファーを受けた。最初は「めっちゃ格好いい!」とファンのように歓喜したが、松坂演じる宇相吹にボソリと耳元でささやかれるシーンで「化け物が横にいるように感じてゾクっとした」と明かす。「いつか、私も共演者にそう感じてもらえる女優になりたいです」とさらなる飛躍を誓っていた。
続きを読む...