2016
04.02

シャラポワ、SEXはナマ出し主義の“ロシアの妖精” ドーピングでテニスができず「パイパンFカップヌード写真集」出版へ

2ch まとめ, NEWS

1:2016/04/01(金) 22:32:39.13 ID:

マリア・シャラポワは1987年4月19日、ロシア・西シベリアに位置するチュメニ州ハンティ・マンシ自治管区・ニャガン市出身の28歳。もうすぐ29歳の“女盛り”。
4歳でテニスを始め、6歳で当時“女王”の名をほしいままにしていたマルチナ・ナブラチロワに師事。9歳でアメリカに渡り、後に錦織圭も学ぶ『IMGテニスアカデミー』で腕を磨いた。

そして’01年にプロ転向。’04年、17歳でウィンブルドン選手権初優勝。’05年に初の世界ランキング1位になった頃から“ロシアの妖精”の異名を持つようになった。
「188センチ、58キロとモデル顔負けのプロポーションと美貌から、“ロシアの妖精”と呼ばれるようになったのです。しかも“強い”のですからスポンサーがつかないはずがありません。ファンも一気に増えました」(前出・テニスライター)

シャラポワは’14年にフェイスブックのファンの数が1500万人を超え、男女のテニス選手で“最多”を記録するなど、コートの外でも大きな影響を与えてきた。
「明石家さんまが“永遠の夢”としてよく話すのが“ウィンブルドンのセンターコートのファミリー席にすわること”なんです。それを17歳で達成したのですから、親孝行な娘でもあるわけです」(テレビ局関係者)

’12年には全仏を制し、悲願の生涯グランドスラムを達成し、人気を不動のものとしたシャラポワ。
「人気の秘密はプレー以外にもあるんです。テニスウエアから浮かび上がる透け乳首やバナナを食べる口…。スコートの下に見える“ワレメの筋”などエロい部分で、男性ファンをフル勃起させてしまうんです」(写真誌カメラマン)

そして、ボールを打つ時に出す甲高い声。
「あれはズバリ、セックスをしている時の声を連想させますね。“挿入”したらあんな声を上げてヨガるんじゃないかとね」(ワイドショー関係者)

日本で行われた大会でもよく“声”を出していたのは記憶に新しいところ。
「日本食では、しゃぶしゃぶと抹茶アイスが大好きですが、松岡修造は嫌いです。件の声を“野獣のような叫び声”と評され、機嫌を損ないました」(前出・テニスライター)

そこで気になるのが、シャラポワのプライベートでの下半身。
8年ほど前、〈マリアは叫ぶ人じゃなかった〉と、イギリスの大衆紙『サン』でシャラポワの性癖を暴露したのが、ロサンゼルス出身で当時人気のバンドグループ『マルーン5』のボーカルだったアダム・レヴィーン。
「彼女が“セックスの間、全然声を出さない”“まるで死んだカエルみたいに寝転がっているだけ”など告白したのです。ちなみに“死んだカエル”とは、日本の俗語で言うところの、いわゆる“マグロ女”のことだと思います」(芸能レポーター)

しかし、こんな見方をする声もあった。
「それはアダムが“ナマ”を拒否したからです。彼女は“子作り願望”が強く、交際相手には常に“中出し”を求める噂がありました。アダムにキレた彼女が“マグロ”になっていただけだと思います」(芸能ライター・常山洋氏)

その他、現在世界最強のテニスプレーヤーのノバク・ジョコビッチやプロバスケット選手のサーシャ・ブヤチッチとの仲が取り沙汰されたが、いずれもゴールインには至らなかった。
「ブヤチッチとは婚約までしましたが、収入からくる“格差”が災いして破局してしまいました」(プロテニス関係者)

さて、今後のシャラポワだが。
「テニスができなくても、当面、お金に困ることはないでしょう。でも、もしそうなったら“パイパンFカップヌード写真集”を出せばいいんです。ロシア人女性は9割以上がパイパンと言われています」(大手出版社幹部)

これなら、声を出さなくても世界中の男たちを“イカせる”ことができる!

http://wjn.jp/article/detail/4005110/

5:2016/04/01(金) 22:34:11.01 ID:

これはさすがに訴えられるだろ
18:2016/04/01(金) 22:35:53.69 ID:

この後 カメラマンを睨みつけたシャラポワ

82:2016/04/01(金) 22:45:29.86 ID:

毎日エイプリルフールだぞ実話は
169:2016/04/01(金) 23:04:49.71 ID:

175:2016/04/01(金) 23:06:33.58 ID:

・パイパン
・剃毛
・1億円でAV
・謝罪懺悔ヌード
・中出し 生出し

この単語がスレタイに含まれていたら100%実話

180:2016/04/01(金) 23:08:32.28 ID:

198:2016/04/01(金) 23:13:20.66 ID:

209:2016/04/01(金) 23:16:58.76 ID:

人気女優8人「週刊実話」訴訟

前田敦子、綾瀬はるか、石原さとみ、深田恭子、優香、、篠原涼子、国生さゆりという、
そうそうたる顔ぶれの女優8人が「週刊実話」(日本ジャーナル出版)を相手取り、集団訴訟を起こしたことが話題を呼んでいる。

といっても、「週刊実話」が何か彼女たちの重大なスキャンダルを暴露したということではない。問題になったのは、
同誌(2013年11月21日号)に掲載された記事『勝手に品評!! 芸能界妄想オッパイグランプリ』。
有名女優の胸部を妄想する“おふざけグラビア”記事がパブリシティ権侵害に当たるとして、8800万円の損害賠償を求めたのだ。

「これまでだと、芸能プロダクションも『ばかばかしい、相手にしていられるか』と抗議すらしなかったような記事なんですが、
『実話』編集部も『まさかこんなもので訴えられるとは……』と驚いています」(「週刊実話」関係者)

http://biz-journal.jp/2014/04/post_4582.html

220:2016/04/01(金) 23:18:54.50 ID:

228:2016/04/01(金) 23:21:01.89 ID:

250:2016/04/01(金) 23:26:28.45 ID:

257:2016/04/01(金) 23:28:19.48 ID:

258:2016/04/01(金) 23:28:40.56 ID:

>>39
ひさびさにゲスイ記事だな
けど手抜きは良くない
266:2016/04/01(金) 23:31:12.99 ID:

274:2016/04/01(金) 23:35:05.73 ID:

277:2016/04/01(金) 23:36:27.05 ID:

>>1
>「日本食では、しゃぶしゃぶと抹茶アイスが大好きですが、松岡修造は嫌いです。・・・・・・・・」

松岡修造は嫌いですwwww
取材してるんだ実話らしくないw

279:2016/04/01(金) 23:38:14.21 ID:

285:2016/04/01(金) 23:39:08.40 ID:

>>1
> 「テニスができなくても、当面、お金に困ることはないでしょう。でも、もしそうなったら“パイパンFカップヌード写真集”を出せばいいんです。ロシア人女性は9割以上がパイパンと言われています」(大手出版社幹部)

ワニブックスですね
単なる願望ですね

325:2016/04/01(金) 23:55:33.63 ID:

ぺちゃぱいシャラポワをFカップとかあまりにも無茶



326:2016/04/01(金) 23:56:51.72 ID:

>>325
さすがに水着姿になると、残念なスタイルだな
いくら美人アスリートと言われようが女優やモデルには逆立ちしても勝てないな

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。