2016
03.24

【週刊文春】清原和博の肩から腹にかけての巨大な“昇り竜”の刺青写真を入手

2ch まとめ, NEWS

1:2016/03/23(水) 16:03:56.63 ID:

◆清原和博の上半身“昇り竜”刺青写真を入手! 

覚せい剤取締法違反(所持、使用)の罪で起訴され、3月17日に保釈された清原和博が、韓国・ソウルのカラオケ店で乱痴気騒ぎをした際の写真を週刊文春が入手した。 



(略)

海外旅行ゆえの解放感と酔いも手伝い、彼は店のスタッフなどと上半身裸になってステージに上がった。その姿を見て、カラオケ店関係者らは息を飲んだという。清原の肩から腹にかけて、巨大な“昇り竜”の刺青があったからだ。 

前に見た時には胸のあたりまでしかなかった刺青が、お腹まで増えていたのでビックリしました」(同前) 
これまで右脚に入れた竜の刺青は写真誌などで報じられてきたが、上半身の刺青は目撃談のみだった。写真は「週刊文春」3月31日号のグラビアページおよび、「週刊文春デジタル」(3月24日午前5時から)に掲載される。

週刊文春 2016.03.23 16:02
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6000

写真は「週刊文春」3月31日号のグラビアページおよび、「週刊文春デジタル」(3月24日午前5時から)に掲載される。 

Twitterより
http://twitter.com/kuro_we/status/712695531215060992?lang=ja

87:2016/03/24(木) 14:54:15.22 ID:

まぁ趣味の悪い事・・・

92:2016/03/24(木) 15:56:37.51 ID:



清原和博(きよはら かずひろ、1967年8月18日 – )は、大阪府岸和田市出身の元プロ野球選手(内野手)、野球評論家、タレント。 プロ野球選手時代は西武、巨人、オリックスに所属していた。

 

2014年3月、2型糖尿病のため入院し、毎日の血糖値測定と一日一回はインスリン注射が必要なことを明かした。また、同時に入院については違法薬物使用疑惑が週刊文春によって報じられた(2014年3月13日号)が、否定しており訴訟する意向を示した



2015年3月16日から四国霊場八十八カ所を巡る遍路に取り組む。「区切り打ち」と呼ばれる、行程を何度かに分けて歩く巡拝方法をとる。

 

同年4月3日、『中居正広の金曜日のスマたちへ』に1年ぶりのテレビ出演。「自分自身を否定するようになった」「ここまで悪く書かれるならいっそ死んでしまおうと思った」と当時を語り、「息子がいなかったら、この世にはいなかった」と語っていたことから、自殺まで考えていたことが明らかとなった


2016年2月3日、マンションの自宅にて覚せい剤取締法違反(所持)現行犯で逮捕された。前述の通り疑惑が出てから一貫して否定していたなかでの逮捕だった為、野球界や芸能界に衝撃が走った。警視庁組織犯罪対策第5課は週刊文春による疑惑報道を受け、一年にわたる内偵捜査を続けた末、容疑が固まったとして踏み込み、結果、現行犯逮捕につながったという。

wiki

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。