本日のオススメ人気投稿

風間ゆみ / 妖艶熟女の本気グラビア!

芸歴20周年を迎えた風間ゆみが、デビュー当時に撮影されたグラビアを完全再現! 1997年、都内某所でスカウトされた。“風間ゆみ”という新しい生き方を見つけた。内気で地味な本当の私。 男の欲望をすべて叶えてきた芸名の風間ゆみ。
続きを読む...

2009年9月にAVデビュー。2011年12月のリリース作品で引退。それから6年、今年2017年8月にAV復帰。 エロいオーラをプンプンさせながら芸術的なほど綺麗なカラダのライン…。素晴らしい。。。ちなみに、このヌードグラビアは引退前のものではありますが、復帰した現在もこのエロボディは健在ですっ!
続きを読む...

2017年にもっとも躍進した女優・土屋太鳳ちゃん。12月15日にはセカンド写真集となる「初戀。」も発売!
続きを読む...

「爆乳すぎる」と話題!紗綾、むっちりボディの進化でセカンドブレイク状態に突入www

「爆乳すぎる」と話題!紗綾、むっちりボディの進化

グラビアアイドルの紗綾(さあや/24)が、発売中のグラビアムック「今、一番すごい グラビア美女たち2018」(KKベストセラーズ)に登場。自身のInstagramに告知カットを掲載し、ネット上で「爆乳すぎる」とあらためて反響を巻き起こしている。

紗綾は11日付の投稿で「今年の『CIRCUS MAX 8月号』にて表紙&巻頭グラビアを飾ったときの写真です。チェックしてね」などと綴りながら、告知ショットを披露。グラビア誌「CIRCUS MAX」(同)8月号の表紙を飾った時と同じランジェリー風ビキニをまとった写真などを公開し、その抜群のプロポーションで男性ファンを沸かせている。

グラビア美女たち2018

さらに、紗綾は12日付の投稿で「最新DVD&Blu-ray『Love U~揺れる距離感~』がTBSランク王国アイドルDVDTOP10にランクインしました! 放送予定日12月16日(土)26:08~26:38。順位は番組にてチェックしてね」などと報告。深夜の人気番組『ランク王国』(TBS系)で恒例となっているアイドルDVDランキングで、大ヒットした最新イメージ作品『Love U~揺れる距離感~』(イーネット・フロンティア)が見事にランクインを果たしたようだ。

嬉しい報告が続いたことに伴ってネット上でも注目度が上昇している。

某巨大掲示板やまとめサイトなどで「、セクシーになりすぎ」「爆乳すぎる」などと話題になり、大人になってからの彼女をあまり知らなかった男性たちからも熱視線が集中。Instagramで公開した写真や過去のグラビアなどが拡散され、ネット上で「育成大成功やん!」「すげえカラダ」「クッソえろい」「昔よりおっぱいが大きくなってる」などといった興奮状態のコメントが殺到しているのだ。

「爆乳すぎる」と話題!紗綾、むっちりボディの進化

また、紗綾は2015年にリリースした写真集『』(講談社)で一糸まとわぬセミヌードを披露しているが、最近の彼女の動向をチェックしていなかった男性たちは「ここまで脱いでいたとは」「エロすぎる」などと驚愕。あらためて彼女のファンになる男性が続出しそうな気配となっている。

「2005年に『Fカップ小学生』として衝撃のデビューを飾った紗綾さんは絶大なネット人気を誇っていましたが、成長に伴ってロリ系好きの男性たちが離れたことで一時はファンが減少。しかし、最近はむっちりボディの進化と大人の色気を身につけたことで人気が再燃しており、衝撃のセミヌード解禁が決定打となってセカンドブレイク状態に突入しています。ネット上で話題になることも増えたため、以前のファンが再び彼女のむっちり極上ボディに魅了され、さらに人気が上昇するという状況になっているようです」(アイドルライター)

今年3月にリリースしたブルーレイ『今、愛してくれますか?』(イーネット・フロンティア)はDMM通販の上半期アイドルDVDランキングで人気グラドルの忍野さら(22)や元AKB48の平嶋夏海(25)らを押しのけて1位を獲得。最新作『Love U~揺れる距離感~』もヒットを記録し、AmazonのアイドルDVDランキングで武田玲奈(20)や久松郁実(21)ら旬の強豪と肩を並べて上位争いを繰り広げる大健闘を見せた。

むっちりボディの進化によって、まさにセカンドブレイク状態となっている紗綾。この勢いに乗って来年はさらなる大活躍を期待したいところだ。

http://www.menscyzo.com/2017/12/post_15462.html






永尾まりやのセックス!もうこれはAV女優だろ!

■永尾まりや、「不能犯」でベッドシーンに果敢に挑戦!
乳房を揉みしだかれ、耳をなめられるなど、かなり激しい性的な描写があるが、最初にオファーが届いた時は不安やためらいでいっぱいだったという。「初めてのことだったので、“どこまでやるの? 私、どうなっちゃうの?”という恐怖もあったし、どこかで“そんなことしていいの?”という後ろめたさもありました」と明かす。それでも「殻を破りたい」という気持ちが恐怖に勝り、「これをチャンスにしよう!」という強い思いでオファーを受けた。最初は「めっちゃ格好いい!」とファンのように歓喜したが、松坂演じる宇相吹にボソリと耳元でささやかれるシーンで「化け物が横にいるように感じてゾクっとした」と明かす。「いつか、私も共演者にそう感じてもらえる女優になりたいです」とさらなる飛躍を誓っていた。
続きを読む...